車 オーバーヒート 修理代

オーバーヒート・・・修理見積の依頼を50万円でした

 

オーバーヒートは、エンジンを冷やす力よりも”エンジンの熱量が上回った場合”に起こるトラブルです。

 

長時間運転したり、低速ギアで坂道をノロノロ運転したり、エンジンオイルを交換しなかったりすると、運転中にエンジンが止まってしまいます。

 

主な原因をまとめると・・・

 

  • 冷却水の不足
  • ウォーターポンプの循環機能の低下・故障
  • エンジンオイルを交換していない
  • 長時間、ハードに走っている

 

などいろいろありますが、エンストをした場合はJAFなどのレッカーを呼ぶ必要があります。

 

私は2年ほど前に国道を運転中に水温計の表示がおかしくなり、アクセルを踏むとエンジンから異音がしたため、すぐに路肩に止めたのですがそれ以上動かくことができなくなり、JAFを呼びました。

 

症状によって修理代はバラバラ

 

オーバーヒートの修理代を考える人

 

水温計の警告灯で、そのあともなんとか動けるようでしたら、ラジエーターやその周辺の故障のおそれがあるため10〜20万円程度。

 

しかし、私のようにエンジンが焼付を起こしてしまった場合は、エンジン自体を載せ替えるため40〜80万円はかかかります。

 

「それなら、修理しないで処分したほうがいいな・・・」

 

と下取りに出すことにしました。

 

結果は・・・・もちろん0円

 

頭を抱える人

 

ディーラーに持っていたのですが・・・・やはり0円でした。
(※査定料もかかるため、逆にお金を支払う必要があります)

 

まあ、そんなもんかな? とあきらめていたのですが、インターネットでいろいろ検索すると
「海外向けの輸出業者」「解体業者」などでしたら、場合によっては10万円以上で買取してくれるとのこと。

 

※車をバラバラに解体して、修理用の部品として売買できるため

 

そうした何かに”特化”した買取専門を探すのにもっとも適したサービスが”車の一括査定サイト”です。

 

結果、11万円で愛車を売りました

 

ドライバー

 

インターネット経由で”複数の買取店”へ一括して無料見積を要求できるサービスです。

 

私は、”かんたん車査定ガイド”と”カーセンサー”の2サイトを登録し、合計8社から見積をもらいました。

 

ほとんど”0円”の回答であきらめていましたが・・・「8万円」と見積をくれた2社から連絡があり、出張査定の結果11万円で売ることができました。

 

まさか、10万円以上もの価格がつくとは思いもよらなかったのでびっくりですね・・

 

100%売れるとは限りませんが、無料ですし、あなたもオーバーヒートが原因で車の処分を考えているのであれば、一度利用してみてはいかがでしょうか?

 

このサイトがきっかけであなたの愛車が高く売れることを期待しております!

 

私が実際に利用をした”2つの一括査定サイト”

 

※見積・出張査定料など、一切お金はかかりませんのでご安心ください。
※万が一、見積額に納得できず断っても、費用はかかりません

 

かんたん車査定ガイド(※完全無料)

 

かんたん車査定ガイド

 

≪特徴≫

 

@超高速の32秒! 他を圧倒する簡単入力
A愛車の買取概算価格がスグわかる
Bパソコンやスマホ初心者に優しい入力設計

 

 

http://a-satei.com/

 

 

カーセンサー(※完全無料)

 

カーセンサー

 

≪特徴≫

 

@リクルートが運営する総合自動車情報サイト
A地元密着店に強い【※地元愛が強い方は必ず!】
B事故車も受付OK!

 

 

http://carsensor.net/

 


 

 

 

 

 

トップヘ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車のオーバーヒートの修理代よりも車査定と下取りを天秤にかけた時、下取りの方がお得なのではないかと思っている方もいらっしゃると思います。車のオーバーヒートの修理代よりは確かに、下取りを利用すると目当ての車を愛車を使い値段を安くして購入できますし、買取手続きと購入手続きを分けることなく一度でおこなう事ができるのでとても楽です。しかし、売上価格を一番に考慮すると、車査定の方が高くなるのです。どこよりも高く買い取るためには、何社もの業者に車買取査定を依頼するのが選ばれています。車の査定は車種によって得意不得手があり、買取価格が多少ズレる場合もあります。査定はあまたの業者にして貰えば、買取価格の市場環境がわかるので、話し合いはしやすくなるはずです。弱気な人は交渉を得意とするお友達に来て貰うことができたらいいですね。古くなった車をディーラーで引き換えに新しい車を買ったらいう方法もあります。マイカーを買うタイミングで利用する業者で使っている車を下取りして貰うことで、よその業者よりの高価格で引き取って貰うことが可能かも知れません。それに、必要なお手続きも負荷が減ります。自動車を手放す際に、買取と下取りのどちらがいいかというと、高値で売りたいのなら買取です。下取りにすると買取よりも安い値段で手放すことに繋がります。下取りにすると評価されないところが買取ならプラスとして評価してくれることもあります。特に事故車(※車のオーバーヒートなど)を売る場合には、下取りだと評価が実に低く、廃車費用を請求されてしまうこともあります。車査定は中古車市場の売れ具合によって影響されるので、人気がある車であるほど高く買い取って貰うことができます。しかも、プラス部分を点数を増やしていく査定方法を行っていることも多く、高額で買い取ってもらえる見込みが高いです。以上のことから、下取りよりも車査定の方が良いといえます。車査定は需要にもよりますので買い手がつきやすい車であればあるほど高価格で売ることができます加えて、評価できる部分をどんどん加点していく見積もり方法を採用していることも多々あり高値で売ることができる可能性も夢じゃありませんこのようなことから、下取りで売るより車査定で売ったほうが良いと言えるのです立が起きることも多く、ネット査定と実車査定の価格がまったく異なるというのは学校で習う内容でしょう。売買が成立した後に何かしらの物事の発端の説明をつけて車をプレゼントしたのに自社独特の高額査定の自信を謳う悪徳車買取業者には注意しましょう。車の評価と下取りをくらべた場合下取りがベターと思っている人もおられると思いますやはり、下取りだと乗りたい車を愛車に使用して割引いておもちする事ができますし、買取手続きも購入手続きも一度にともにしてすることができるのでコンビニエントです。しかしながら、単純に売却価格だけを考慮すると、車査定の方が高価になります。買取価格を引き上げるには、複数の中古車業者に買取査定を頼むのが、良いでしょう。自動車販売店によって得意な車種が違っていたり、査定価格に差が出ることもあります。オーバーヒートした車を複数の販売店に査定を依頼すれば、査定価格の平均がわかるので、駆け引きが有利になるはずです。控えめな人は強気に出られるお友達に同席して貰うといいですね。出張買取をやって貰おうと連絡し立としても必ずしも車を売ってしまう義務などはありません。買取価格に納得ができなければ交渉を辞めることもできるのです。車買取業者の中には、車を売却するまで帰らなかったり、出張費用や査定費用などを要求してくるところもあるので、注意するようにしてください。口コミを判断材料にしてから出張買取を進めるようにするといいでしょう。車取引ではトラブルに発展することも多く、ネット査定と実車査定の価格に大きな差が出るというのはもはや珍しいことではないでしょう。買取が済んだ後に何だかんだと言って減額されることもよくあることなのです。車を引き渡し立というのにお金が支払われないこともあります。高額で査定するという悪徳車買取業者には注意しましょう。